東京版の記事一覧

東京版の記事一覧

【文 京 野球部】『委員会制度でチームマネジメント』

文京は3年前から委員会制度を取り入れて、チームマネジメントを行なっている。 委員会は、「練習提案」、「環境整備」、「道具管理」、「学習風紀」に分かれ、部員たちは各委員会に所属。 チームのために役割を果たしていく。 梨本浩司監督は「指示待ちの選手ではなく、自分で行動する選手になってほしい。 委員会制度によって、子どもたちは意欲的にチーム運営に取り組んでくれている」と話す。 2020年3月号掲載

Categories: 2020年3月号, CHARGE+|Tags: , , , |

【法政大高 野球部】『毎日の目標設定』

法政の選手たちは日々の練習開始前に、ホワイトボードにそれぞれが練習課題を記す。 佐相健斗監督就任時から取り組んでいるもので、限られた時間を有効に使うために「毎日の目標設定」を大事にしている。 佐相監督は「練習前に課題を意識することによって練習の質が変わってくる。 この積み重ねが成長につながっていくと思う」と話す。 選手それぞれが目標をクリアしていくことが、チームの結果となる。 2020年3月号掲載

Categories: 2020年3月号, CHARGE+|Tags: , , , |

【駒大高 野球部】地獄の体幹トレーニング

2年半前から導入した駒大高野球部恒例のトレーニング。 実施は週3回。 そのうち1回は駒沢大のトレーナーを招いて指導を受ける。 メニューは20種目以上。 それによって鍛えられる場所、どういうプレーに効果があるのかの説明も受ける。 導入当初は30分も持たずに根を上げていた選手たちも、今は10キロや15キロのプレートを持ちながらメニューをこなす。 「動きに力強さが出た。 一番は守備ですね」と川端監督。 「正直、やりたくないです」と苦笑いの伊藤主将も、「全員で乗り切ることができた時の達成感もあるし、軸がしっかりしてきた」とその効果を実感している。 (取材・武山智史)2020年2月号掲載

Categories: 2020年2月号, CHARGE+|Tags: , , , |

【城西大城西 野球部】選手同士の「声」

城西大城西・山崎警監督は、選手同士のグラウンド上でのコミュニケーションを求めている。 選手たちは練習でミスが生じた際に、グループで集まり、「なぜミスが起きたのか」「どうするべきだったのか」を確認する。 2019年春から指揮を執る山崎警監督は「最初、選手たちは戸惑っていたが、いまは当たり前のように話をしている。 それもチームの成長だ」と見守っている。 2020年3月号掲載

【明 法 野球部】『放課後学習プログラム』

文武両道を目指す明法野球部は、練習後に自習室で勉強を行なっている。 「放課後学習プログラム」と呼ばれる学習支援で部員は全体練習終了後の午後6時半から1時間、自主的に机も向かう。 週3回が基本で、週5日の選手もいるという。 片岡勇貴(2年=捕手)は「(放課後は)予習と復習の時間にしている。 学校で勉強していくことで野球にも集中できる」と効果を話している。 2020年3月号掲載

Categories: 2020年3月号, CHARGE+|Tags: , , , |

【文 京 野球部】「目指せ、東京ドーム」

文武両道を貫く都立の雄。 昨秋初戦敗退の悔しさを力に変えて 文武両道を貫きながら虎視眈々と上位進出を狙う都立の雄・文京。 昨夏の主力が多く残る現チームは、昨秋の敗戦を糧に春・夏の飛躍を誓う。 (取材・伊藤寿学 2020年3月号掲載) ■ 夏の主力が残った現チーム 現チームには大きな期待が寄せられていた。 昨夏は3回戦で敗れたが、試合経験のある主力2年生がそのままチームに残り、新チームの屋台骨を形成。 士気上がるチームは一昨年秋のベスト16を越える「ベスト8以上」そして「選抜出場」を狙って始動した。

Categories: 2020年3月号, CHARGE+|Tags: , , , |

法政大高・寺中陸人主将(2年=一塁手・外野手)ドイツ帰りの逆輸入プレーヤー/「名門復活」コラム

力強い打撃でチームを牽引する主将。 中学時代は、親の転勤によってドイツで生活、現地のクラブチームでドイツ人、ロシア人たちと一緒に野球をしていた。 中学3年生で進路を考えていたときに西東京5回戦で法政が早実と対戦したのをネットで見て、法政で野球を続けることを決意。 「強豪チームを倒して甲子園に行きたい」と門を叩いた。 寺中主将は「ドイツの野球とはまったく違うが、高校野球はチームで成長できる喜びがある。 一体となって夏へ向かいたい」と、仲間とともに切磋琢磨する。 ドイツ帰りの主砲が、名門復活の原動力となる。

【立教池袋 野球部】「どれだけ変われるか」

昨秋は4年ぶりの都大会進出。 池袋のど真ん中から目指す甲子園 立教池袋は2020年度に創立20年の節目を迎える。 創立とともに誕生した野球部もメモリアルイヤーとなるが、主役が選手であることは創部以来、変わっていない。 (取材・伊藤寿学) ■ 変わらないチーム理念 立教池袋の創立は2000年。 立教中が中高一貫校となり「立教池袋」が誕生。 それまでの立教高(埼玉県)は「立教新座」となった。

【日大一 野球部】「連動」

春夏通算10度甲子園出場の名門。 秋につかんだ「自信」を春・夏へ 1960~1980年代にかけて春夏10度の甲子園出場を果たした名門・日大一。 秋大会で確かな手応えをつかんだチームは、伝統校復活をかけて春・夏の戦いへ挑む。 (取材・武山智史) ■ あの頃と同じ気持ちで 冷え込んだ天候の中、日大一の選手たちがウォーミングアップで体を動かす。 取材日は12月下旬の土曜日。 午前中に終業式を終えた野球部員は両国の校舎から千葉・船橋の日本大学敷地内にある野球部グラウンドへ移動。

Categories: 2020年2月号, CHARGE+|Tags: , , , |

【国学院久我山 野球部】国学院大から学ぶ

国学院久我山の1・2年生は昨秋大会後、東都1部・国学院大の練習に参加させてもらい、意識改革を図った。 選手たちは、グラウンド上の技術だけではなく、規律や迅速な動きなどグラウンド外の行動の重要性も学んだという。 選手たちは、貴重な経験をトレーニングに落とし込み、自己成長を図る。  

江戸川・鈴木有希監督「自分と向き合ってほしい」/「史上最強へ」監督コメント

江戸川・鈴木有希監督 「自分と向き合ってほしい」 「冬の練習は自分とどれだけ向き合えるかどうかだと思います。 勉強と一緒で目標を立て、一つずつしっかりと丁寧に取り組んでほしい。 そうすればおのずと春は都大会に進出できると感じますし、夏は良い成績を残せるでしょう。 自分と向き合って頑張ってほしいです」 【監督プロフィール】 1985年生まれ東京都出身。 井草高-千葉大。 大学卒業後、江戸川区の春江中、九段中等教育学校の勤務を経て2018年に江戸川へ赴任。

【東海大高輪台 野球部】「ミッション」

2017年夏に東東京大会で準優勝。 甲子園初出場へ貫くスタイル 2017年夏の東東京大会で準優勝した東海大高輪台。 今年のチームは、あの夏の戦いをみて入学してきた選手たち。 士気高まるチームが次世代のゲートを開く。 (取材・伊藤寿学) ■ 2017年は甲子園まであと1勝 東海大高輪台は2017年夏の東東京大会で、宮路悠良(現東海大2年)、鵜飼康弘(現横浜国大2年)らの好投手を擁してトーナメントを駆け上がり、準優勝となった。 決勝戦では二松学舎大附に敗れたが甲子園まであと一歩に迫ったあの夏は、チームの財産となっている。

江戸川・金澤智也(2年=投手) エースで4番の投打の軸。/「史上最強へ」コラム

鈴木監督は「能力があって真面目な子。 さらに伸びていく」と期待を寄せる。 金澤は「真っ直ぐでどんどん押せるピッチャーになりたいです」と理想の投手像を語る。 現在のストレートのMAXは135キロ。 夏までに145キロを目指す。 そのためには「回転数アップ」がカギとなる。 「前チームのエース船津僚太さんは2400だったのですが僕は2000ぐらい。 ストレートの質を高めたいです」。 現在の身長、体重は181センチ73キロ。 オフシーズンは体重増加に主眼を置き、春までに体重81キロが目標だ。

東海大高輪台・宮嶌孝一監督「監督の役割は、仕組みと環境づくり」/「ミッション」監督コメント

東海大高輪台・宮嶌孝一監督 「監督の役割は、仕組みと環境づくり」 「チームのテーマは『徹底力』。 鍛錬、執念、我慢を徹底しながら、日々、地道な練習を積むこと以外に勝ち上がる道はないと考えている。 監督の役割は、仕組みと環境づくり。 環境を言い訳にせずに、選手、コーチたちとともに甲子園を目指す」 【監督プロフィール】 1979年生まれ。 東海大高輪台-東海大(準硬式)。 大学4年時から、母校を指導。

【堀 越 野球部】「復活」

春夏通算10度の甲子園出場の名門。 ベテラン指揮官就任2年目、復活に兆し 1969年選抜で準優勝し春夏通算10度の甲子園出場を誇る古豪・堀越。 再建を目指すチームは、ベテラン指揮官のもと再出発を図っている。 (取材・伊藤寿学) ■ 最後の甲子園は1997年 春夏通算10度の甲子園出場を誇る古豪だ。 野球部OBには、楽天から海を渡ってメジャーでプレーした岩隈久志(巨人)や、中日、巨人でプレーした井端弘和氏などがいる。 1969年選抜で準優勝するなど輝かしい実績があるが、1997年夏以降は、甲子園への道が途絶えている。

Categories: 2020年1月号, CHARGE+|Tags: , , , |

【日大二 野球部】「38年ぶりの聖地へ」

「自覚」からの「しぶとさ」で8強入り 今秋都大会ベスト8進出を果たし、東京都・21世紀枠推薦校にも選ばれた日大二。 文武両道の中で確かな自信を掴み、1982年夏以来の甲子園出場へ向けてさらなる進化を誓う。 (取材・三和直樹) ■ 充実のベスト8進出 強豪揃いのトーナメントを力強く勝ち上がった。 今秋、ブロック予選2試合で24得点を奪った日大二は、1回戦で夏の東東京大会2年連続準優勝の小山台と対戦。 雨が降り、足元がぬかるむ中で4点を先制される展開となったが、「このチームはしぶとい。 負ける気はしなかった」と田中吉樹監督と振り返る。

Categories: 2020年1月号, CHARGE+|Tags: , , , |

共栄学園・清水一眞(2年=投手)都内屈指の大型右腕,岩元大威主将(2年=内野手)責任感あふれる主砲兼主将/「赤き精鋭たち」コラム

清水一眞(2年=投手)都内屈指の大型右腕 今秋の都大会ベスト8躍進の原動力となった都内屈指の大型エース。 最速135キロのストレートと多彩な変化球を武器に相手を打ち取る。 「巨人の菅野智之投手のように、動くボールをうまく使えるピッチャーになりたい。 味方のミスをカバーできるのがエースだと思うので、チームを勝たせる投手になる」 岩元大威主将(2年=内野手)責任感あふれる主砲兼主将 勝負強い打撃をみせる主砲兼主将。 鋭いスイングから広角に打球を飛ばし、チームを盛り上げていく。 「自分たちの代で甲子園に行くために、チームメイトと力を合わせて戦っていく。 責任と自覚を持って、毎日の練習に取り組みたい」

共栄学園・原田健輔監督「チーム全体でレベルアップする」/「赤き精鋭たち」監督コメント

共栄学園・原田健輔監督 「チーム全体でレベルアップする」 「秋都大会ベスト8という結果については、選手たちが頑張ってくれたと思う。 準々決勝では勝つことができなかったが、春・夏への“宿題”をもらったので、この冬は宿題をクリアにして、チーム全体でレベルアップしたい。 冬のトレーニングは自分たちとの戦いになるが、みんなで励まし合って、チーム力を高めてほしい。 選手たちの成長を楽しみにしている」 【監督プロフィール】 1986年埼玉県生まれ。 浦和学院-共栄大。 大学卒業後、金融機関に勤めたが野球の道へ進むため2年で退社し共栄学園職員に。

日大二・折笠利矩(2年・投手)エース兼4番の頼れる「二刀流」/「38年ぶりの聖地へ」コラム

頼れるエースにして、4番打者も務めるチームの大黒柱。 田中監督も「黙っていてもやる。 普段は大人しいけど、試合になれば変わる」と信頼を寄せる。 秋は「実戦の中で掴んでいったものがあった」と投げる度にピッチングの精度を上げ、打っては大会通算17打数8安打の大当たり。 「自分の力がどこまで通用するか分かったし、自信にもなった」と語る。 投手としての武器は、低めへのコントロールとスライダー&フォーク。 「課題はスタミナ面。 この冬にしっかりと走り込みたい」と意気込む。 さらに打者として「しっかりと強い打球を打ち返すこと」を意識してバットを振る。 自身が日大二中学3年だった時に、日大二高が夏ベスト4に進出。

日大二・田中吉樹監督「文武どちらも100%でやる」/「38年ぶりの聖地へ」監督コメント

日大二・田中吉樹監督 「文武どちらも100%でやる」 「勉強も野球も、どちらも全力でやる。 6対4で、7対3で、という話じゃない。 どちらも100%でやるという考え方でやらないと両立なんてできない。 うちにはスポーツ推薦はないが、日大二でやりたいと思って来てくれる子が多い。 実際、文武両道というのは大変だけど、その両方を目一杯やりたい奴がうちに来て頑張っている。 まずは気持ちが大事。 気持ちが充実していないと始まらない。 甲子園に行くチームを作りたいし、人間性も含めたあらゆる面で東京都の代表にふさわしいチーム、選手になってもらいたい」

【共栄学園 野球部】「赤き精鋭たち」

今秋の都大会ベスト8。 春・夏の躍進のプロローグ 今秋の都大会でベスト8へ進出した共栄学園。 「最強世代」の呼び声高い2年生を軸にしたチームは、秋の経験を糧にさらなる進化を遂げる。 (取材・伊藤寿学) ■ 接戦勝ち抜きベスト8へ 秋の進撃は、夏の進撃の序章にすぎない。 秋は1次予選から簡単ではなかった。 1次予選決勝は総合工科だったが実力校を4対1で下して都大会出場を決める。

【日大二 野球部】特注の「うんてい」で体幹強化

2018年の春、野球部グラウンドの脇に特注のウンテイを設置。 距離10メートル。 「小学生とか体重が軽いと簡単だけど、高校生ぐらいになると逆に難しくなる。 それだけ効果がある」と田中監督。 毎日、実施する中で「肩周りの筋肉がついて、体幹も強くなった。 故障もなくなった」と効果を実感している。 これまでもウエイトトレーニングを重視し、練習中の補食や練習後のプロテイン摂取を徹底して肉体強化に励んできたが、この「うんてい」でさらに実戦的でバランスの良い体を作り上げている。

Categories: 2020年1月号, CHARGE+|Tags: , , , |

豊多摩・早川遼河主将(2年=外野手)言葉でチームを引っ張る新主将/「変革、成果、その先へ」コラム

部員内の投票で新主将に就任したのが、平岩監督が「きちっとしている。 気が利く」と評する早川遼河(2年)だ。 引退した3年生たちからは「自分たちよりも力があるからやれるはず!」との言葉で背中を押された。 新チームの特長は、力強い打撃。 「チームにやる気がみなぎっているし、練習の雰囲気もいい。 先輩たちを越えてやろうと意識を高く取り組めています」と仲間の“熱さ”も感じている。 今後のテーマは体重を増やしてパワーアップすること。 周囲からの人望も厚い主将は、「自分はプレーが優れているわけじゃないですけど、言葉でチームを引っ張っていければと思います」と目を輝かせている。

豊多摩・平岩了監督「人間的な成長が勝利につながる」/「変革、成果、その先へ」監督コメント

豊多摩・平岩了監督 「人間的な成長が勝利につながる」 「僕自身、昔と比べると随分と変わったと思います。 こちらが要求することを生徒たちができなくても、できるまで待てるようになった。 以前は“勝つ”というものを第一に考えて、勝利を目指す過程でこそ成長できると思っていましたが、今は人間的に成長できれば勝てるようになると思えるようになった。 いろんな高校で指導して、58歳という年齢がそう思えるようにさせましたね。 自分としても、この学校が集大成なのだと思います。 学校の校訓に『自主・自律』があるけれど、やっぱりそれが理想。 自分で考えて自ら進んで取り組めるチームになってもらいたいと思います」  

板橋・新藤晴斗前主将(3年=現役引退)3年生からのメッセージ/「下剋上」コラム

  「城東に勝ったことは忘れることはできない。 ただ、4回戦で高島に負けてしまい準々決勝に行けなかったので、後輩たちには自分たちが行けなかった5回戦まで勝ち上がってほしい。 来年3月にグラウンドが完成するが、環境が良くなったからといって自然に勝てるわけではない。 板橋野球の原点を忘れずに一体となって努力してほしいと思う」

Load More Posts