群馬・栃木版の記事一覧

群馬・栃木版の記事一覧

【春季高校野球静岡県大会レポート 藤枝明誠】

「秋・春連覇」県1位で東海大会出場へ エース小林輝負傷降板を乗り越えて 秋王者・藤枝明誠が春季高校野球静岡県大会決勝で掛川西を3対2で下して初優勝を果たした。秋春連覇となったチームは、2017年夏以来2度目の甲子園を目指して、夏へ向かっていく。(取材・栗山司) ■決勝は競り勝つ 昨秋県王者の強さは揺るがなかった。 決勝戦は掛川西と対戦。初回にミスが絡んで1点を失う嫌な流れのスタートとなったが、ズルズルと崩れないのが藤枝明誠の持ち味。「ミスした後にしっかり立て直すことができた」という川瀬譲二主将(3年=内野手)の言葉通り、その裏、2死一二塁から5番・西岡泰眞(3年=外野手)がしぶとくライト前に持っていき同点。8回は相手投手の暴投で1点を勝ち越すと、6番・中野夢都(3年=内野手)の投手強襲となるタイムリーでリードを広げた。  投げては4回にエース・小林輝(3年)が左足を負傷するアクシデントがあったが、5回に緊急登板した山田蓮(2年)が「輝さんを勝たせたかった」と粘り強い投球を展開。9回は併殺で試合を締めくくり、右手を大きく上げて喜びを表現した。 ■2番手投手が台頭 この春、藤枝明誠がテーマとして挙げたのは以下の2つ。①県ベスト4に入ること。②小林が投げなくても勝つこと。  昨秋は小林がほぼ一人で投げて県優勝まで登りつめた。ただ夏を見据えると、どうしても2番手投手の成長が必要だった。その期待に応えたのが2年生右腕の山田だ。

【春季高校野球神奈川県大会レポート 東海大相模】

「6季連続優勝」 県内公式戦41連勝  選抜制覇しスケールアップ 今春の選抜で全国制覇を成し遂げ帰還した東海大相模。春季県大会3回戦から登場したチームは、神奈川実力校を次々と撃破し、県内公式戦41連勝で春の頂点に立った。 (撮影・武山智史) ■準決勝は指揮官不在 準決勝のベンチには、門馬敬治監督がいなかった。前日練習で後頭部にボールがぶつかり入院し大事を取る形で、遠藤愛義コーチが代理で指揮を執った。甲子園では、大塚瑠晏が体調を崩して緊急入院する危機を乗り越えて全国制覇を果たしたが、春季大会セミファイナルでは指揮官不在の状況となった。準決勝・日大藤沢戦、それでも選手たちがやるべきことは変わらなかった。一人ひとりがチームでの役割を果たすと、ゲーム終盤に相手を突き放して14対5で勝利。不在の指揮官に勝利を届けた。 ■チームテーマは「つなぐ野球」 翌日の決勝戦では門馬監督が復帰。桐光学園との戦いへ臨んだ。初回には、選抜優勝の決勝打点男・小島大河のタイムリーで先制。4回には、大塚のタイムリー3塁打などで3点を追加し、相手エース中嶋太一を降板させた。投手陣は、先発武井京太郎からの小刻みな継投で相手の打ち気をそぐと、9回は大型右腕・石川永稀が締めくくって4対3で勝利。「最後を任せてもらったので、やりがいを感じた。監督から『気合は込めるものではなくて出すもの』と教えてもらっている。石田(隼都)が投げない中で、負けるのは嫌だった」(石川)。選抜帰りのモチベーションが難しい大会で、勝負強さをみせて再び頂点に駆け上がった。今年のチームテーマは「つなぐ野球」。 東海大相模は、選抜での経験を力に変換し、全員の思いをつないで春の優勝旗をつかんだ。

【春季高校野球群馬県大会レポート 関東学園大附】

初優勝「春の上州制覇」 投打充実、春季初優勝 140キロダブルエース快投 関東学園大附が春季関東高校野球大会群馬県予選決勝で農大二を下して初優勝を決めた。個性あふれるチームが、波乱の大会を制した。 ■破壊力あるマシンガン打線 戦国上州を制したのは、関東学園大附だ。 1回戦の桐生戦を3対2で制すと、一戦ごとに投打の歯車が噛み合っていった。3回戦では桐生第一を12対0の7回コールドで下す破壊力をみせた。走攻守で鍛え上げられたチームは、接戦で負けない強さも備えていた。準々決勝・前橋東戦を4対2、準決勝・太田戦では7回を終えて4対4となったが8回に下位打線が奮起し2得点。最終的には6対5で逃げ切り決勝へ進出、関東大会切符をつかんだ。上位から下位までの切れ目ない打線、そして代打陣の勝負強さも躍進の要因だった。 ■140キロ右腕2人が中心 チームを支えたのは、羽鳥達郎監督が手塩にかけて育て上げた投手陣だ。最速144キロのエース石原勇斗、145キロの本格派右腕・篠原正紀、142キロの2年生・堀越蒼空と140キロのストレートを投げ込むピッチャーが揃う。驚くのは彼らがアベレージで140キロ台をマークしていること。3回戦の桐生第一戦などでは、プロ野球スカウト陣がズラリとスタンドに並んだ。いずれも足腰の土台が安定しコントロールが乱れない。チームは、エース石原を軸に、豊富な投手陣を使い分けながらトーナメントを駆け上がった。石原は「夏につながる大会になったと思う」と話した。 ■選手たちがぐんぐん伸びる環境

浜松南・山本浩正監督 「『苦手』から目を背けない」  #浜松南

浜松南・山本浩正監督 「苦手」から目を背けない 「昨年秋から力を注いできたのが守備。アウトにできる打球は必ずアウトにすることを部員全員で取り組んできた。今年はその成果が出て、引き締まった試合が増えてきている。選手たちに求めているのは苦手なことから目を背けないこと。野球で苦手なことを克服することで、その経験を勉強にも生かしてほしいと思っている」 【監督プロフィール】1980年静岡県生まれ。掛川西-国際武道大。高校3年夏に甲子園出場。大学でもレギュラーとして活躍した。卒業後、掛川西、浜松湖南、磐田北、浜松大平台の講師を経て、遠江総合で7年間監督を務める。2019年秋より浜松南の監督。

【日大藤沢】『主将のチーム分析・宮沢幸大 主将(3年=一塁手)』コラム #日大藤沢

宮沢幸大 主将(3年=一塁手)の チーム分析 投打にパワーがある 大型チーム 「提坂朋和、柳澤大空のクリーンアップを軸にした打撃と、エース清水虎太朗を中心にした大型チームです。守備力と機動力は今後の課題。限られた練習時間ですが1日1日を大切にして、夏の神奈川優勝を狙っていきます」

【浜松南】『主将のチーム分析・中西諒真 主将(3年=投手)』コラム #浜松南

中西諒真 主将(3年=投手)のチーム分析 攻撃力アップが課題 「自分たちの持ち味は冬に鍛えた堅い守備力です。守備のミスが減ったことで投手として安心して投げることができています。打線は3年生の1番・曽根大輝、4番・河合弘樹が引っ張り、周りを下級生たちが固めています。夏は3回戦で勝つことを目指し、攻撃力も上げていきたいと思います」

【横浜清陵】頑張るマネージャー  #横浜清陵

「選手を信じて一緒に戦っていきます!」 牧田七海(3年)  服部彩花(3年) マネージャーリーダーの服部彩花さん(3年)はチーム全体のアシストを担当、牧田七海さん(3年)はデータ&情報管理を担当している。服部さん、牧田さんは「夏大会まであと4カ月。後悔のない時間にして、すべての力を発揮してほしいと思います。私たちはどんなときもチームが勝つことを信じて戦力になります」と話す。    

【鹿沼商工】『主将のチーム分析・松元勇翔 主将(3年=三塁手)』コラム #鹿沼商工

松元勇翔 主将(3年=三塁手)のチーム分析 接戦を勝ち抜く 「チームでは、エースで4番の廣瀬裕都が絶対的な存在です。打撃は、見目青陽、廣瀬、浜田翔白がクリーンアップ。廣瀬の投入を軸に、チャンスで確実に得点を奪って、接戦を勝ち抜いていきたいと思います」

【静岡市立】『主将のチーム分析・大村直輝 主将(3年=内野手)』コラム #静岡市立

大村直輝 主将(3年=内野手)のチーム分析 つなぎの野球を目指す 「今年のチームは足を絡めた機動力が武器です。1番の中村瑛を筆頭に、足の速い選手が揃っています。一人ひとりの能力は決して高くありませんが、夏はつなぎの野球で勝ち上がります」

小山・斎藤崇監督「自分に負けないことが大切」 #小山

小山・斎藤崇監督 自分に負けないことが大切 「コロナ禍でいろいろな制限がかかっていますが、決められたルールを受け入れて、その状況で何ができるのかを考えていくことが必要だと考えています。大切なことは自分に負けないこと。自分たちの力を信じて、最後まであきらめずに戦ってほしいと思っています」 【監督プロフィール】1971年東京生まれ。鎌倉学園−国学院大。4年間の会社員を経て、小山西でコーチ。芳賀で3年、宇都宮清陵で11年間監督。宇都宮清陵時代は2006年秋県準優勝で関東大会初出場。2016年に小山へ異動し新チームから監督。2017年春は6年ぶりに8強に進出。地歴公民科教諭。

【日大】『主将のチーム分析・上田恭平 主将(3年=中堅手)』コラム #日大

上田恭平 主将(3年=中堅手)のチーム分析 「負けない野球」を目指す 「今年の日大は、自分たちでムードを作って、勢いづけられるチームです。打撃は、橋本浩平、佐久間雄英、島田朋哉が軸。投手陣は、鈴木貫一郎、相馬悠明が力を伸ばしています。『負けない野球』で一戦一戦、勝ち上がりたいと思います」

横浜清陵・野原慎太郎監督 「強い覚悟を持って取り組む」 #横浜清陵

横浜清陵・野原慎太郎監督 強い覚悟を持って取り組む 「人は、汗と恥をかくことで成長できます。選手たちには、勝負から逃げることなく、恥をかいてもいいから、真っ向から挑戦してほしい。選手が本気になってくれているので、私自身も今まで以上に強い覚悟を持って取り組めています。3年生のために何ができるかを日々考えながら指導をしています」 【監督プロフィール】1982年神奈川県生まれ。東海大相模−横浜国大。大学院修了後に神奈川県教員。岸根を経て2012年4月に大師へ、同年秋に監督に就任。2020年4月に横浜清陵へ異動し8月から監督。

【静岡市立 野球部】「フォア・ザ・チーム」 #静岡市立

過去3度甲子園出場の実力校 名門再建で20年ぶりの甲子園へ 春夏計3度の甲子園出場を誇る静岡市立。「フォア・ザ・チーム」を掲げるチームは、ボトムアップ型で名門復活を目指す。(取材・栗山司) ■昨夏県ベスト8 静岡市立は過去3度の甲子園出場を誇る。名門再建を託された安井信太郎監督が就任し、今年で5年目。復活に向けて前進を続ける。 2017年秋に県ベスト4入りすると、昨年は夏の代替大会で県ベスト8進出。今チームは昨年秋、春とも県大会出場を逃しているものの、安井監督は「個々の力がない中でも全員で勝利に向かっていく姿勢がある」と選手を称える。 昨秋は中部大会で県優勝を果たした藤枝明誠に敗戦。わずか1点しか取ることができなかった反省を踏まえ、冬の期間は片足でスイングするなどアイデアを凝らした打撃練習で強化。迎えた練習試合解禁後、最初の掛川西戦でプロ注目の沢山優介から4回で4安打を放った。 ■春は翔洋相手にあと一歩 春の大会は初戦で強豪の東海大静岡翔洋と激突。1点を争う緊迫した試合となった。2点の先制を許すも、4回に同点。さらに9回表に勝ち越しを許したものの、その裏、土壇場で追いついた。延長10回の末、力尽きて敗戦。それでも、打撃力アップの成果と最後まで諦めない粘り強さを印象付けた。  静岡市立がテーマとして掲げるのが「フォア・ザ・チーム」。大村直輝主将(3年=内野手)は「自分たちは個人個人のプレーではなく、チームとして勝利を目指している」と口にする。東海大静岡翔洋戦では「フォア・ザ・チーム」の精神を存分に発揮した一方で課題も残った。「どこかにスキがあって負けたのは事実。1プレーに対しての気持ちが足りていませんでした」(大村主将)。

【国学院栃木】Pick up/エース

エース/加藤染(3年) 昨秋の県優勝、関東ベスト8の原動力の一人となった右の剛腕。オフシーズン明けのブルペンを覗くと、威力あるストレートを投げ込んでいた。気迫のピッチングをみせる本格右腕が夏制覇の切り札となる。打撃もパンチ力を秘める 投手陣/川久保翼(3年) 石川祐輝(3年) 加藤染、林尚輝に次ぐ投手陣として期待の二人。川久保は、ナチュラルなムービングボールが特長。石川は193センチの大型右腕。両投手がメンバーに食い込めば選手層は上がっていく   Pick up 林尚輝(3年) 最上太陽(3年)

【横浜清陵】『主将のチーム分析・江藤温大 主将(3年=一塁手・捕手)』コラム #横浜清陵

江藤温大 主将(3年=一塁手・捕手)の チーム分析 経験値を武器に勝ち上がる 「昨夏の独自大会を経験した選手が多く残っていて、チームの経験値が高いことが強みです。冬を越えて投打の力が上がってきています。野原監督から教えてもらった知識や情報を、グラウンドで表現して勝ち上がっていきたいと思います」

【鹿沼商工 野球部】「甲子園 への道標」 #鹿沼商工

1965、67年夏に2度の甲子園出場 創部101年目、少数精鋭で「古豪復活」へ 1965、67年夏に2度の甲子園出場を果たした鹿沼商工。2020年に創部100年目を迎えたチームは、少数精鋭で復活を狙う。 ■甲子園の栄光の記憶 鹿沼商工は、鹿沼農商時代の1965、67年夏に甲子園出場を果たしている。甲子園で白星を挙げることはできなかったが、地域には甲子園の栄光の記憶が残っている。全国的に私学すう勢に傾いている状況で2007年夏、2008年春、2009年夏にベスト8へ進出するなど力を維持してきたが、2010年以降は3回戦が最高。最近3年は私学強豪の壁に行く手を阻まれてしまっている。そんな背景で、部員が次第に減少。今年の3年生は9人、2年生は6人。学校の1学年のクラス数が7クラスから4クラスに減り、野球部員の確保も難しくなっている。 2018年春から指揮を執る金子安行監督は「部員は減っていますが、鹿沼商工にきてくれた選手たちを鍛えるだけです。どんなに人数が多くても試合に出られるのは9人。不可能ではないと考えています」とノックバットを握る。 ■2020年に創部100周年 金子監督は、かつて鹿沼商工を率いたあとに宇都宮商へ着任し、2012年秋の関東大会で4強入りして2013年春の選抜出場を成し遂げている。それが栃木の県立高校では“最後”の甲子園になっている。公立から甲子園へ行くルートを知る指揮官は「宇都宮商時代の選抜大会で、ベンチから見た甲子園のバックスクリーンの壮大さが忘れられません。いまの生徒たちにも甲子園をみせてあげたいと思っています」と指導に専念する。選手たちは、指揮官の言葉を道標に、遥かなる甲子園への道を突き進む。鹿沼商工は2020年に創部100周年を迎えた。101年目となった今、チームは新たな一歩を踏み出さなければならない。 甲子園への道は、より険しくなっているが、道を切り拓こうとする作業に価値がある。 ■大黒柱はエースの廣瀬

【小山】Pick up/クリーンアップ&Wエース

クリーンアップ ▼山口航汰 (3年=一塁手) ▼福田昂生 (3年=遊撃手) ▼石塚翼 (3年=左翼手) ダブルエース ▼大澤奏次郎(2年=投手)/マウンド度胸抜群の技巧派左腕。大舞台で力を発揮するタイプだ  

【武相】『主将のチーム分析・佐藤明登 主将(3年=遊撃手))』コラム #武相

佐藤明登 主将(3年=遊撃手)のチーム分析 武相の新しい伝統を作っていく 「まだ力は足りませんが、声と気持ちだけはどこにも負けないチームになりたいと思います。投手力は課題ですが、打力、守備力、機動力は冬の厳しい練習を乗り越えて上がってきました。豊田監督とともに武相の新しい伝統をつくっていきたいと思います」

【渋川青翠】『主将のチーム分析・諸田空音 主将(3年=捕手)』コラム #渋川青翠

諸田空音 主将(3年=捕手)のチーム分析 自慢の打撃力で勝負 「今年のチームは自慢の打撃力で勝負していきます。1番・飯塚雄琉、3番・髙橋春斗、4番の自分が打線を引っ張っていきます。エース武井隼人を軸にした投手陣は、経験が少ないですが力自体はあります。野球を楽しみながら下克上を果たしたいと思います」    

Categories: 2021年5月号, CHARGE+|

【浜松南】Pick up/マネージャー

  エース/坂井仁(2年・投手) 外野手の控えからエースに 2年生エースの坂井仁は身長181センチの長身からキレのあるストレートと7種類の変化球を投げ込む。中学時代は外野手の控え選手だったが、「高校ではピッチャーに挑戦してみたかった」と志願。1年間で体重が5キロアップするとともに、山本監督から左手の使い方を学び、エースに成長した。今春の公式戦では6回2失点の好投。剛速球こそないが、打たせて捕る投球が身上だ。完成度を高め、この夏、チームを勝利に導く。   Pick up 左:河合弘樹 (3年=内野手)堂々とした打席での雰囲気から強烈な一発を放つ4番打者 右:曽根大輝

高崎・境原尚樹監督「 空白の時間に学んだこと」 #高崎

高崎・境原尚樹監督 空白の時間に学んだこと 「2019年夏に体調を崩して入院となり復職するまで約1年かかりました。その“空白”の時間に野球について再び学びました。本を送ってくれた教え子もいました。また野球指導ができることに感謝しながら、新しい気持ちで生徒たちに野球の本質を伝えてきたいと考えています」 【監督プロフィール】1963年群馬県生まれ。高崎−群馬大。高崎高時代の1981年に選抜に出場したOB監督。沼田、榛名で指導者を務め、2007年から高崎監督。2012年には、監督として母校を選抜へ導いた。2019年夏に体調を崩して休養、2021年3月監督復帰。現役時代は外野手。

Load More Posts