藤沢西・三宅裕太監督
高校野球の価値を高めたい

写真左が三宅監督

「1・2年生はマネージャーを含めて22人ですが、藤沢西は全員が主役。コロナ禍ですが、全員が目標達成のために努力することができています。ベスト4を目指すに値するチーム、選手たちだと、確信しています。公立でも高いレベルで戦えることを示して、高校野球の価値を高めていきたいと考えています」

【監督プロフィール】1989年神奈川県生まれ。藤嶺藤沢−神奈川大(軟式)。大学後、会社員となるが野球指導の道へ。武相で指導したのち2017年4月に藤沢西へ着任しコーチ、2018年4月から外部監督。2018年秋は予選で鎌倉学園を撃破。2018年秋、2019年春・秋、2021年秋にベスト32。

Pocket

おすすめの記事