第76回秋季関東地区高校野球群馬大会 決勝レポート【健大高崎】

第76回秋季関東地区高校野球群馬大会 決勝レポート
健大高崎 秋制覇 2年連続 選抜出場狙う
2年連続7度目の秋優勝 群馬1位で関東大会へ出陣

 

健大高崎が秋季群馬県大会決勝で勝利して2年連続7度目の優勝を果たした。県内無双で上州を制したチームは2年連続の選抜出場を目指す。

■桐生一、育英のライバルを撃破

健大高崎は今夏の群馬大会の優勝候補筆頭だったが準決勝で桐生第一に0対1で惜敗となり夏甲子園の夢が断たれた。新チームは、夏を経験した大型捕手・箱山遥人主将(2年)が主将として大黒柱の役を務めると、髙山裕次郎(2年=外野手)、森山竜之輔(2年=内野手)ら世代屈指のタレントが脇を固めた。野手陣は前チームから入れ替わりフレッシュな陣容となったが、投手陣は元U−15侍ジャパン代表の1年生実戦派左腕・佐藤龍月と、同じく1年生の本格派右腕・石垣元気が夏の経験を糧に台頭。投打の戦力は、関東屈指。チームの熟度はまだ足りないが、充実した投打の戦力を武器に秋県大会へ臨んだ。最初の難関は準々決勝の桐生第一戦だった。夏のリベンジマッチとなった戦いで9対2と完勝してベスト4へ駒を進めた。

■秋県優勝は通過点、関東制覇へ

準決勝・前橋育英戦では、エース佐藤が先発しゲームをつくると4回まで1対1のにらみ合い。しかし、5回に佐藤の二塁打を皮切りにチャンスを広げると、3連続押し出しなどで一挙5点を奪ってゲームの主導権をたぐり寄せた。9回には斎藤銀乃助(2年=内野手)のダメ押し2ランでゲームを決めた。決勝進出によって関東大会出場を決めたチームは、決勝・明和県央戦でも手綱を緩めなかった。4対1とリードした5回に一挙8点を奪ってリードを広げると14対4で完勝。2年連続で群馬の頂点に立った。箱山主将は4安打4打点の活躍、髙山は2安打3打点の出色の打撃をみせた。攻守の要・箱山主将は「新チーム立ち上げ時は意識が低く危機感がありましたが、大会を通じて成長することができました」と話す。  青栁博文監督は「選手たちは一戦一戦で成長してくれた。関東大会では群馬の代表として優勝を目指したい」と高みを目指す。秋県優勝は通過点。健大高崎は関東制覇を目指して開催地・栃木へ乗り込む。

 

Pocket

おすすめの記事