帝京・前田三夫監督

「勝たせてあげたかった」

「この秋のチームは、一戦ごとに成長することでチャンスをつかんできたので、勝たせてあげたかった。

国士舘の中西君の球筋が良く、打つことができなかった。

先制点がカギだと思っていたが、先に取られてしまって、ミスも出てしまった。

チームはピークを迎えていたので、この先については現時点では考えらない。

この敗戦をチームの力にしなければいけない」

【監督プロフィール】

1949年千葉県生まれ。

木更津総合(旧木更津中央)-帝京大。

大学卒業後に帝京高監督に就任。

1989年に夏甲子園で初の全国制覇。

春14回、夏12回の甲子園出場で3度の全国制覇を果たし、甲子園通算51勝。

多くのプロ選手を育て上げている。

 

Pocket

おすすめの記事