主砲/プレーイングマネージャー/Pick up

 

破壊力抜群 超大型スラッガー /十鳥真乙主将(2年=左翼手)

183センチ98キロの超大型スラッガー。体全体を生かしたパワフルなスイングで、威力ある打球をスタンドへ打ち込む。練習が大好きな野球小僧で、チームでは主将としてムードを盛り上げている。ポジションは左翼手だが、秋季一次予選では投手としてマウンドにも上がった。「自分の打撃でチームを勢いづけたい」。

2021年夏の注目プレーヤーで、大型選手を多く獲得している西武ライオンズが興味を示すかもしれない逸材だ。

 

プレーイングマネージャー /北村アレキサンドル(2年=外野手)

プレーヤーとしてレギュラーを狙う一方で、男子マネージャーとしてチームをまとめる。昼休みに、山下秀徳監督から練習メニューを預かり、チームに落とし込んでいく。北村アレキサンドルは「選手としてもマネージャーとしても全力を尽くす」と話す。

秋の背番号は「18」。春・夏は1桁の背番号を目指す。

 

Pick up/神谷翔吾(2年=捕手)・飯田聡(2年=三塁手)

▲神谷翔吾(2年=捕手)俊足強打の1番バッター。守備では捕手、遊撃手などを守る万能型

▲飯田聡(2年=三塁手)堅実なプレーで攻守の役割を果たす「いぶし銀」。粘り強い打撃が特長

 

 

Pocket

おすすめの記事