PICK UP!

【前橋商 野球部】新たな環境で「夏」へ

前橋商にとって2019年は、新たな環境で「夏」を迎える最初のシーズン。周囲の期待も高まっている。新グラウンドで再出発を図るOB指揮官・住吉信篤監督は「過去の台風被害にめげず必死に努力してきた過去の選手たちの苦労の集積が、新グラウンド完成につながった。新しい場所で、地域に愛される野球部を作り、甲子園を目指す」と語った。池田翔人主将(3年=内野手)は「素晴らしい新グラウンドでプレーできることへの感謝を忘れず、野球に打ち込む。前商の伝統と、この新グラウンドに恥じない戦いをみせて甲子園へ行きたい」と誓った。 前橋商は、後藤駿太らを擁した2010年夏以来、甲子園から遠ざかっている。令和元年を新グラウンドで迎える前商は、この場所から甲子園を目指す。 2019年5月号掲載

Pocket

関連記事

  1. 【御殿場西 野球部】「県外のレベルを知ったことが収穫」

  2. 【日本橋 野球部】3人のマネージャー

  3. 【調布南 野球部】アウトプットの白紙ノート

  4. 【市立沼津 野球部】加圧トレーニングでパワーアップ!

  5. 【慶應義塾 野球部】主務・福田和輝(3年)副務・橋口光輔(2年)

  6. 【沼田 野球部】同窓会の寄附で完成した室内練習場

  7. 【宇都宮清陵 野球部】強豪の映像を徹底確認

  8. 【逗子開成 野球部】多種多様な打撃練習

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP