PICK UP!

【横須賀 野球部】課題探究型ベースボール

数学教師の柴田監督が実践するのが「選手に考えさせる野球」。その一環として行なっているのが、練習試合などのスコアシートを選手全員に配り、1球1球を振り返る作業。白黒でコピーしたものを使用し、その時々の投球心理やポジショニングなどを話し合い、赤ペンや蛍光ペンを使って書き込んでいく。課題解決が狙いで、思考力を高める効果もあるという。キャプテンの寺薗は「試合でベストな選択ができるようにやっている。みんなで話し合うことでいろいろな意見が出るし、書き残すことで記憶に残りやすい」と効果を実感している。 2019年5月号掲載

Pocket

関連記事

  1. 【立正大立正 野球部】元広島・栗田聡さんがトレーニングを指導

  2. 【前橋南 野球部】冬のフィールドテスト

  3. 【栃木工 野球部】目指すチーム像は「脱ロボット」

  4. 【小平西 野球部】2リットルタッパーで体重アップ

  5. 【順天 野球部】秘伝マニュアル制作

  6. 【農大二 野球部】大学野球へ、そしてプロへ

  7. 【法政二 野球部】チーム支える男子マネージャー

  8. 【島田樟誠 野球部】坂道ダッシュ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP