【慶應義塾 野球部】主務・福田和輝(3年)副務・橋口光輔(2年)

慶應を陰で支える貴重な部員だ。ふたりは部費管理や書類作りなどチームの事務全般を担っている。福田は腰のケガが完治せず1年夏に裏方へ、橋口は1年冬に首脳陣から白羽の矢が立った。それぞれ選手として練習したい気持ちもあったが、自分よりもチームを優先し、主務・副務としての責務を負う。 「この仕事によってチームが回っている」(福田) 「副務というポジションのレギュラーになった気持ち」(橋口)。彼らのチカラが、チームの土台を固めている。 2019年5月号掲載

Pocket

おすすめの記事