作新学院・小針崇宏監督
実戦力を身につけ「夏」へ

 


「春に公式戦ができたことは良かったですし、そこで自分たちの実力も分かったでしょう。甲子園連続出場はプレッシャーになるでしょうが、その重みはやる気につながることでもあるので、前向きにとらえてほしいです。野球の中身を掘り下げ、状況判断や打席での待ち球など、実戦力を身につけて『夏』を迎えてほしいと思います」

【監督プロフィール】1983年栃木県生まれ。作新学院−筑波大。23歳で母校・作新監督に就任。2009年に監督として初甲子園出場を果たすと、2011年から夏9連覇を達成中。2016年夏は全国制覇。

Pocket

おすすめの記事