国学院栃木・柄目直人監督
コロナ禍はもはや「日常」になった

 「コロナ禍から丸2年が経過しましたが、この状況が『非日常』ではなく、『日常』だと考えて前向きに取り組んでいます。社会、生活が大きく変わっている以上、部活動も変化していかなければいけない。常識を覆す、新しい価値観の野球部を作っていきたいと思います」

【監督プロフィール】1982年栃木県生まれ。国学院栃木−筑波大。高校時代の2000年選抜に、一番中堅手で出場。2005年から国学院栃木コーチ、2010年に監督就任。2018年春、選抜出場。

Pocket

おすすめの記事