伸びのあるストレートと、多彩な変化球を武器にエースの称号を手にした。

中学時代は2番手投手で、背番号は10や13。

藤沢西で先輩たちの背中をみながら努力を続けると能力を伸ばした。

新チームでは背番号1を託されて、エースとしてマウンドへ上がる。

「これまでは1をつけたことがないので大きな責任を感じる。

自分のピッチングでチームを引っ張っていきたい」(石渡)。

飛躍を遂げるチームを

新たなステージへ導く右腕だ。

Pocket

おすすめの記事