昨夏準優勝、今夏ベスト4
2年連続の好結果を来年へ繋ぐ

 昨夏準優勝の横浜創学館が今夏も進撃をみせて準決勝へ進出。準決勝では東海大相模に敗れたが、堂々たる戦いぶりをみせた。

■準決勝で東海大相模に敗戦  

簡単なトーナメントではなかった。4回戦では昨秋大会準優勝の実力校・向上と対戦。打線がエース遠藤稔平を援護して5回までに6点を奪うと、8対4で逃げ切り5回戦へ。春大会ベスト4の横浜商との戦いでは、先発・佐藤陽大から遠藤への継投によって2対1で逃げ切ってみせた。準々決勝では三浦学苑に8対0で勝利して2年連続のベスト4へ。  

準決勝では、東海大相模と対峙した。初回に4番・髙野大和のタイムリー二塁打で1点を先取。エース遠藤は立ち上がりから粘り強いピッチングをみせていく。1対3で迎えた6回には、3連打で1点を奪うと相手エース庄司裕太がマウンドに立つ展開。そこで追加点が奪えれば流れが一気に傾くかと思われたが、後続が抑えられた。最後は、エース遠藤にゲームを任せて打線の爆発を待ったが、2対6で試合を終えた。東海大相模と真っ向勝負した戦いには、スタンドから大きな拍手が送られた。

■2年連続の好結果、近づく甲子園  

甲子園までの“距離”は確実に近づいている。昨年度までは専用練習場が土のグラウンドだったが改修工事が終わり今春には全面人工芝化、そしてレフト後方には屋根付きのブルペンも完成している。昨夏に準優勝、今夏にベスト4の結果を残したチームは、練習環境が整ったことによってさらなる進化を予感させる。今夏はベスト4に終わったが、2年生レギュラーだった小室壮真、山越航輝らが先輩たちの意志を継ぐ。エース遠藤は「去年が準優勝で、今年がベスト4。後輩たちには甲子園へ行ってほしい」と期待を寄せた。森田誠一監督は「去年の先輩たちの戦いを見た今年の3年生たちがチームを成長させてきた。この雰囲気を来年の選手たちが引き継いでいってほしい」と語った。2年連続の好結果は、チームに地力がついてきた証。悲願の甲子園出場へ、横浜創学館は聖地へのルートを切り拓く。

Pocket

おすすめの記事