【関東一 高校野球部】「次世代につながる進撃」

履正社に敗れるも堂々のベスト8。ダブルエースの継投で聖地3勝

3年ぶり8度目の甲子園出場を果たした関東一(東東京)がベスト8進出、準々決勝では優勝校・履正社に敗れたが堂々たる戦いをみせた。

■ 日替わりヒーロー出現で接戦勝ち抜く

ダブルエースとマシンガン打線が、チームをベスト8へ導いた。

関東一は、背番号1・土屋大和(3年)、背番号10・谷幸之助(3年)がそれぞれ先発完投し東東京大会を制覇、甲子園出場を決めた。

だが、甲子園ではダブルエースのフル稼働で戦いへ挑んだ。

 

1回戦の日本文理戦(新潟)は、土屋が先発のマウンドに立った。

土屋は甲子園の舞台でやや安定を欠いて4回までに5失点を喫する展開となった。

しかし、打線は3回に4点、4回に2点を奪い、土屋を援護射撃。

すると5回からは、剛腕・谷がマウンドへ登り、相手打線の流れを止めていった。

絶妙な継投でリズムをつかんだ関東一は10対6で乱打を制して2回戦へ駒を進めた。

 

2回戦・熊本工戦も、先発は土屋だった。

関東一は5回に連打を打ち込み一挙4点を奪い、5対1とリード。

ゲーム終盤に1点差に迫られたが、土屋が最後まで投げ抜き、6対5で逃げ切った。

続く3回戦・鶴岡東戦(山形)は、谷が先発し6回6失点で降板したが、4対6の劣勢から同点に追いつくと、平川嶺(3年)のサヨナラタイムリーで7対6の劇的勝利、ベスト8進出を決めた。

 

準々決勝の相手は、最終的に今大会で全国制覇した履正社(大阪)となった。

関東一は初回に主砲・平泉遼馬(3年)の3ランで3点先制した。

先発の谷は力強い投球で履正社を5回4失点に抑えて、土屋へバトンを渡したが、打線が相手左腕を打ち崩すことができずに3対7で力尽きた。

米澤貴光監督は「履正社相手にしっかりと戦うことができた。3年生たちはこの1年間で大きく成長してくれたと思う」と選手をねぎらった。この戦いは、次世代へとつながっていく。

 

Pocket

おすすめの記事