【上溝南】主将のチーム分析

関秀仁 主将(2年=左翼手)
打ち勝てるチームを目指す

「上溝南は自分たちで練習メニューを考えてトレーニングに励んでいくことが代々の伝統になっています。目指すのは攻撃野球。打撃練習に力を入れているので打ち勝てるチームを目指して努力していきたいと思います」

Pocket

おすすめの記事