主砲 / 西谷虎太郎(2年=外野手)

中学時代は強豪・東海大静岡翔洋中でプレー。身長184センチ体重80キロの堂々とした体躯から豪快なスイングを見せる。秋の練習試合では2打席連続本塁打を放ち、周囲を驚かせた。「持ち味は強い打球を打つこと。長打もありますが、一番は低い打球で外野に飛ばすことを心掛けています」。2023年のシーズン終盤は1番打者を務め、猛打でチームを勢いづかせた。

 

Pick up 「どんな球も体で止める!」

山本颯也(1年=捕手)
エースを務める長澤主将が「低めに安心して投げられる」と信頼を置く1年生捕手。小学6年時から捕手一筋。「自分は体が大きいのでどの球でも止めることができる」と胸を張る。目下の課題は二塁送球。「盗塁をさせないようにしたい」と冬の期間での克服を目指している。

Pocket

おすすめの記事