【東海大相模 野球部】「関東4強」

関東ベスト4で選抜当確。

準決勝敗退は来春への「宿題」

秋季関東大会に出場した東海大相模が1回戦・駿台甲府戦、準々決勝・習志野戦で快勝しベスト4へ進出した。

準決勝では健大高崎(群馬3位)に敗れたが、来春の選抜出場が確実となった。

■ 駿台甲府、習志野を撃破し4強

神奈川県予選を圧倒的な強さで制した東海大相模は、選抜出場の参考試合となる関東大会へ乗り込んだ。

1回戦・駿台甲府(山梨2位)と対戦すると、初回から強力打線が爆発した。

打者一巡の猛攻をみせると2番加藤響(2年)がレフトスタンドに満塁本塁打を打ち込み一挙9点を奪い、ゲームの主導権を奪った。

大量リードをもらったエース諸隈惟大(2年)は4回を投げて1失点で、金城龍輝(1年)へマウンドを譲った。

初戦から強さを発揮した東海大相模は、14対2の7回コールドで準々決勝へ駒を進めた。

選抜切符がかかった準々決勝の相手は・千葉1位の習志野だった。

初回に主砲・西川僚祐(2年)の2ランで2点を先制したが、2回にエース諸隈が4失点し降板、2番手の金城に託すと1年生リリーバーが後続を断って、打線の反撃を待った。

東海大相模は5回に上位打線の連打で5点を奪って逆転すると終盤にも加点し12対6で習志野を退けた。

■ 準決勝はミスの連鎖でまさかの敗戦

強力打線を前面に押し出す東海大相模の2試合の戦いぶりからは、関東大会優勝の呼び声が高かったが、甘くはなかった。

準決勝・健大高崎戦は、山村崇嘉主将(2年)が初先発し順調な立ち上がりをみせた。

初回に山村のタイムリーで先制すると5回にも1点を追加し2対0としたが、5回裏にバント処理のミスが重なり自らピンチを招くと、守備の乱れにつけ込まれて痛恨の5失点。

逆転を許したチームは、6、7回にも失点し2対8とリードを広げられてしまう。

反撃を試みたが、相手の左腕エース下慎之介(2年)の低めのスライダーを捕らえきれずに打線が沈黙してしまった。

主砲・西川は「低めのボールに対応ができずに、工夫が足りなかった。

負けて気づくことが多かったので、春までにさらにレベルアップしたい」と話した。

門馬敬治監督は「負けるべくして負けたゲーム。

この負けをどう活かすかが、チームの成長につながっていく」と語った。

山村主将は「もう一度、ゼロから鍛え直して、選抜発表を待ちたい」と来春を見据えた。

東海大相模は、敗戦を糧に、さらに強くなる。


東海大学付属相模高等学校 

【学校紹介】
住 所:神奈川県相模原市南区相南3-33-1
創 立:1963年
甲子園:21回(春10回・夏11回)
春・夏通算21回甲子園出場、春2回夏2回全国制覇の名門。

2019年夏神奈川大会優勝で甲子園出場。

2019年秋は神奈川予選優勝、関東大会ベスト4で来春の選抜が当確。

Pocket

おすすめの記事