東海大相模・門馬敬治監督「準決勝の敗戦は良い教訓」/「関東4強」監督コメント

東海大相模・門馬敬治監督

「準決勝の敗戦は良い教訓」

「負けてしまったのは、力がなかったから。

守備のミスに関しては、神奈川予選からその要素はあったが、それが出ないままここまで来ただけ。

選手たちには教訓になったはずだ。

負けたことで、攻守の課題がはっきりとなったので、その課題をクリアしていく。

この負けをどう受け止めて、どう生かすかが今後のチームの成長につながっていく」

【監督プロフィール】

1969年神奈川県生まれ。

東海大相模-東海大。

1999年から東海大相模監督。

全国制覇3度。

教え子に、菅野智之(巨人)らプロ選手多数。

Pocket

おすすめの記事