静岡北・大村文彦監督

「1球に対する執着心」

「夏の大会は勝利から7年間遠ざかっている。

来年こそは1勝を挙げたい。

勝つために必要なのは1球に対する執着心だと考えている。

夏の大会は1球でゲームの流れが変わってしまうことがある。

だからこそ、普段の練習から緊張感を高め、1球にこだわっていきたい。

その中で守り勝つ野球を求めている。

打撃は水物だが、守備は10割を目指せる。

まずは固い守りを身につけたい。

その上で攻撃は機動力を使いながら、先制点を取ることにこだわっていく」

【監督プロフィール】

1965年静岡県出身。

静岡西-日本体育大。

高校時代は内野手として活躍し、3年夏の県大会開幕戦で本塁打を放つ。

大学は硬式野球部に所属。

卒業後、静岡北の部長、コーチを経て監督を務める。

系列校の星陵に7年間赴任後、2014年に静岡北の監督に復帰する。

Pocket

おすすめの記事