PICK UP!

【桜美林 野球部】全力疾走・全力発声

成績が低迷していても変わらなかった伝統がある。それは、工藤監督が「本当に皆さん温かい」と話すOBの応援や、「これが無くなれば桜美林ではない」という“全力疾走・全力発声”だ。これがあるからこそ、応援されるチームであり続け、部員の結束力も強い。また、1997年から採用している女子マネージャーも「大きな戦力」と監督・選手は声を揃える。飲み物や補食の準備にデータ整理や備品の管理などだけではなく、ゴロやワンバウンドの捕球練習の際には、「ちょっとヘタなくらいが難しい球が飛んでちょうどいい(笑)」(工藤監督)と、手投げ役を務めるなど多くの役割を任されている。古豪・桜美林は伝統に新たな文化を加えて、再び強豪へと舞い戻ることを目指す。その原動力は部員一人ひとりのエネルギーに他ならない。2018年2月掲載

 

 

Pocket

関連記事

  1. 【東海大菅生 野球部】「この経験を発奮材料にするしかない」

  2. 【國學院栃木 野球部】1年生35人加入、黄金世代到来へ

  3. 【前橋南 野球部】冬のフィールドテスト

  4. 【佐野東 野球部】秋大会で培った「絆」

  5. 【御殿場西 野球部】「県外のレベルを知ったことが収穫」

  6. 【沼田 野球部】同窓会の寄附で完成した室内練習場

  7. 【静岡東 野球部】野球ノート

  8. 【新栄 野球部】新栄高校「入念なミーティング」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP