PICK UP!

【桜美林 野球部】全力疾走・全力発声

成績が低迷していても変わらなかった伝統がある。それは、工藤監督が「本当に皆さん温かい」と話すOBの応援や、「これが無くなれば桜美林ではない」という“全力疾走・全力発声”だ。これがあるからこそ、応援されるチームであり続け、部員の結束力も強い。また、1997年から採用している女子マネージャーも「大きな戦力」と監督・選手は声を揃える。飲み物や補食の準備にデータ整理や備品の管理などだけではなく、ゴロやワンバウンドの捕球練習の際には、「ちょっとヘタなくらいが難しい球が飛んでちょうどいい(笑)」(工藤監督)と、手投げ役を務めるなど多くの役割を任されている。古豪・桜美林は伝統に新たな文化を加えて、再び強豪へと舞い戻ることを目指す。その原動力は部員一人ひとりのエネルギーに他ならない。2018年2月掲載

 

 

Pocket

関連記事

  1. 【前橋育英 野球部】毎日15分間の読書タイム

  2. 【御殿場西 野球部】「県外のレベルを知ったことが収穫」

  3. 【法政二 野球部】チーム支える男子マネージャー

  4. 【鶴嶺 野球部】課題を明確にする野球ノート

  5. 【城南静岡 野球部】鉄パイプを使ってパワーアップ

  6. 【実践学園 野球部】応援&刺激し合うサッカー部

  7. 【東海大静岡翔洋 野球部】濃密なウオーミングアップ

  8. 【逗子開成 野球部】多種多様な打撃練習

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP