PICK UP!

【日大豊山 野球部】春へ向けてスケールアップ

伸びしろの大きいチームだ。走攻守3拍子揃った大型遊撃手・平林主将、抜群の打撃センスを誇る西村逹貴(2年=内野手)らが占めるクリーンアップの破壊力は都屈指。下位打線に長距離スラッガー・佐藤優太(2年=レフト)らが配置され、裏クリーンアップを形成。どこからでも得点が奪える打線を目指す。また機動力も磨いている。黒川太一助監督、宮坂健太・高野大地コーチが効率良く練習を進めていくチームは、選手たちがレギュラーポジションを求めてタケノコのように凌ぎを削る。春にはさらにスケールアップしたチームが見られることだろう。福島監督は「秋のベスト4はすべてを出し切った成績ではありません。1年生も力を伸ばしていて、このチームには“伸びしろ”しかないと思っています。これから、どこまで伸びるか楽しみです」と手応えを感じている。

秋4強は、夏進撃の予兆。日大豊山が目指す視線の先には、18年ぶりの甲子園がある。2018年2月掲載

 

 

Pocket

関連記事

  1. 【聖徳学園 野球部】練習前に勉強ノート提出

  2. 【清水桜が丘 野球部】夏に甲子園で勝つために切り替えていく

  3. 【小川 野球部】内野のボール回し

  4. 【逗子開成 野球部】多種多様な打撃練習

  5. 【成蹊 野球部】班組織でリーダーシップ養成

  6. 【日大三 野球部】三高の試合当日スケジュール

  7. 【健大高崎 野球部】強豪のキャッチボール

  8. 【桐生第一 野球部】名門が甲子園見学

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP