責任感が行動に溢れ出ている。

前チームからマスクをかぶる経験豊富な捕手で、新チーム始動後は主将としてチームを率いる。

打撃では3番打者としてクリーンアップの一角を担い、守備では堅実なリードで投手を引き立てる。

内田昇監督は「どこに出しても恥ずかしくない絶対的プレーヤー」と信頼を寄せる。

糸井優太主将は「自分たちの代で、やってやろうという気持ち。

チームとしてみんなで成長していって、先輩たちが越えられなかったベスト8以上へいきたい」と、気迫を内に込める。

攻守を支える“扇の要“は、新田暁のプライドを背負ってホームに立つ。

Pocket

おすすめの記事