川崎北・櫻井怜(2年=外野手)&横山寿紀(2年=投手)投打の軸となる主将&エース/「改革から新時代へ」コラム

キャプテンの櫻井怜は3番・センターでチームの支柱となるプレーヤー。

新チーム始動直後に足を故障し、秋季大会は出場が限られたがベンチでも主将としての役割を果たした。

長打より打率を求めているという打撃は、冬場にパワーアップを試みる。

櫻井主将は「チーム内だけでなく、外の人からも『川崎北のキャプテンはすごい』と言われるようになりたい」と理想の主将像を目指す。

エース番号を背負う横山寿紀は、新チーム始動後にサイドスローへ変えた。

監督の勧めでチャレンジしたという投法だが「腕が振りやすいし、変化球の曲がりもいい。

コントロールもつけやすい」と手応えを感じている。

秋季大会では、敗れた立花学園戦で本塁打を許した失投を反省。

来年に向けて「技術的には、どの球種も同じ腕の振りで投げること。

メンタル面ではどんな強豪相手でも強い気持ちで投げられるようになりたい」と日々、鍛錬を続けている。

Pocket

おすすめの記事