加藤学園・米山学監督

攻めの姿勢を忘れずに

甲子園では思い切って今までの思いをぶつけてくれた。

大きな1勝を手にすることができ、今後の加藤学園につながっていくと思う。

ただ、これで受け身に立つのではなく、あくまでもチャレンジャーの気持ちを忘れてはいけない。

2年生の持ち味は明るさ。その部分は長所として大事にしたい。

公式戦では厳しい戦いになると思うが、失敗を恐れるのではなく、攻めの姿勢を忘れることなく戦っていきたい。

【監督プロフィール】
1978年、長野県出身。

武蔵工大付信州工-亜細亜大。

大学時代は主将を務め、日本代表に選ばれる。

卒業後は社会人野球のホンダでプレー。

武蔵工大二のコーチ、帝京三の監督を経て、2013年秋より加藤学園の監督を務める。

Pocket

おすすめの記事