八王子実践・河本ロバート監督
自分を置物にしてくれ

自分の価値観だけを押し付けてはいけないと思っています。選手たちとよく話をして、強くなるためにどうしたいか、自分たちで考えさせるようにしたい。

理想は、選手がすべて自分たちでやること。選手には、私自身を「置物にしてくれ」と言っています。「俺がカーネルサンダースになって練習中にフライドチキンを食べ始めたら、お前らは本物だ」って(笑)。もちろん冗談まじりの笑い話ですが。それぐらい良い意味で選手たちが指導者の存在を気にせず練習に打ち込めるような環境作り、方向付けをしっかりしなくてはいけないと思っています。

一方で、選手たちの質問に対しては常に答えられるようにしたいですし、そのためにはいろんなところから最新情報を集めて、選手たち以上に勉強し続ける必要があると思っています。

 

【監督プロフィール】
1986年生まれ。東京都出身。八王子実践−亜細亜大。中学まではサッカーに励み、柏レイソル青梅でプレー。高校入学後に野球を始め、大学卒業後に米マイナーで4年間プレー。日本の独立リーグでも身長190センチ、アメリカ人の父を持つ大型右腕として注目され、最速156キロも記録した。2016年から母校・八王子実践のコーチに就任し、2019年から監督としてチームを率いる。

Pocket

おすすめの記事