静岡大成・横山力監督
本気になることで可能性が開ける

 中学時代、注目されることがなかった選手にスポットライトを浴びせてやりたいと思っている。それが、高校なのか、さらに上のレベルになるのかわからないが、一人でも多く活躍する選手が出てきてくれればうれしい。秋の大会は、あと1勝で県大会出場を逃した。個々の能力は持っているが、その力を出し切れなかった。グラウンドも狭く、環境的には厳しいが、だからこそ、日々の練習で意識を高めていくことが大事になると考えている。夏の目標は甲子園。選手たちが本気にそこを目指してくれれば可能性はあると信じている。

【監督プロフィール】1978年生まれ、静岡県出身。静岡東-日大生物資源科学部。高校時代は主将として活躍。大学卒業後、静岡東の外部コーチを経て、静岡大成に赴任。2011年秋より監督を務める。理科教諭。

 

 

 

Pocket

おすすめの記事