大森学園・豊田征也副将(2年=外野手)スケールアップ狙うリードオフマン/「史上最強」コラム

 前チームから1番に座り、和泉監督が「出塁率が高く、打線を左右する存在」と評するリードオフマン。

主将の工藤を補佐する副主将を務めている。

初球から打ちにいく打撃で打線を引っ張る。

「相手に印象付けるために、どんなボールにも食らいつく意識を持っています」と打席での心がけを語る。

現在、取り組むのは体作り。

63キロの体重を食事と冬場のトレーニングでのフィジカルアップを試みる。

「パワーアップして長打も打てる1番バッターを目指しています」と一層の進化を思い描く。

ひと冬を越え、スケールアップした打撃を、春に見せつけたい。

Pocket

おすすめの記事