帝 京・前田三夫監督「本気の気持ちが大切だ」/「復活」監督コメント

帝 京・前田三夫監督

「本気の気持ちが大切だ」

「夏を経験した選手が多く残っているが、そのまま強くなるほど野球は簡単ではない。

大事なのは、選手たちが甘えを排除して、自分の意志でこれまで以上に練習できるか。

仲良しチームでは勝てないので、互いに切磋琢磨しながら、勝利にこだわってほしい。

甲子園に行くには本気にならなければいけない」

【監督プロフィール】
1949年千葉県生まれ。

木更津総合(旧木更津中央)-帝京大。

大学卒業後に帝京高監督に就任。

1989年に夏甲子園で初の全国制覇。

春14回、夏12回の甲子園出場で3度の全国制覇を果たし、甲子園通算51勝。

多くのプロ選手を育て上げている。

Pocket

おすすめの記事