PICK UP!

【農大二 野球部】大学野球へ、そしてプロへ

文武両道を実践する農大二。坂上泰生監督は「大学で野球を続ける選手を育てたい」と話すが、今春の卒業生も多くが大学で野球を続けるという。進学先は、東京農業大、東京情報大、青山学院大、中央大、武蔵大、立教大、東京理科大、東洋大学など。ちなみに元エース經田晃生は東農大で4年後のプロを目指す。昨秋のドラフトでは農大二出身の周東佑京(東農大北海道)がソフトバンクから育成2位で指名された。今後も農大二出身のプロ選手が輩出されそうだ。 2018年3月号掲載

Pocket

関連記事

  1. 【横浜創学館 野球部】毎日5キロのウォーミングアップ

  2. 【光明相模原 野球部】心と体が覚える動作

  3. 【桜美林 野球部】伝統の桜グラウンド

  4. 【宇都宮清陵 野球部】強豪の映像を徹底確認

  5. 【調布南 野球部】アウトプットの白紙ノート

  6. 【関東一 野球部】スイングスピード、遠投…冬の能力測定

  7. 【帝京 野球部】レジェンド芝草宇宙氏、特別コーチ就任

  8. 【日野 野球部】抽選会へのカウントダウン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP