PICK UP!

【農大二 野球部】大学野球へ、そしてプロへ

文武両道を実践する農大二。坂上泰生監督は「大学で野球を続ける選手を育てたい」と話すが、今春の卒業生も多くが大学で野球を続けるという。進学先は、東京農業大、東京情報大、青山学院大、中央大、武蔵大、立教大、東京理科大、東洋大学など。ちなみに元エース經田晃生は東農大で4年後のプロを目指す。昨秋のドラフトでは農大二出身の周東佑京(東農大北海道)がソフトバンクから育成2位で指名された。今後も農大二出身のプロ選手が輩出されそうだ。 2018年3月号掲載

Pocket

関連記事

  1. 【拝島 野球部】今季のスローガンは「重・重・重」

  2. 【国士館 野球部】地獄の「115トレーニング」

  3. 【足利大附 野球部】「足利大附」の新ユニフォーム

  4. 【清水東 野球部】アプリでコンディション管理

  5. 【前橋育英 野球部】毎日15分間の読書タイム

  6. 【多摩大目黒 野球部】ホーム試合前に体を追い込む

  7. 【千歳丘 野球部】チーム復活の原動力 一木龍範主将(2年=投手)

  8. 【文星芸大附 野球部】地獄の打撃練習

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP