日大鶴ヶ丘・萩生田博美監督

「選手たちは想像以上に成長」

「3カ月間の自主練で選手たちは想像以上に成長していた。

チームは6月下旬から紅白戦をスタートして、実戦練習を重ねてきた。

甲子園大会はなくなったが、我々が目指す『東京制覇』は変わらない。

そのためには3年生優先ではなくチーム全体で競争をして背番号を勝ち取ってほしい。

そこに価値があると考えている」

2020年8月号掲載

【監督プロフィール】
1973年山形県生まれ。

日大山形-日大。

日大山形では甲子園を経験。

日大学生時代に日大で1年間コーチをしたのち、学生時代に日大鶴ヶ丘監督に就任。

2008、2014年にチームを甲子園へ導いた。

2018年夏西東京準優勝。

Pocket

おすすめの記事