高崎商  /  小池瑛太主将(3年=外野手)精一杯の感謝を伝えたい コラム

「甲子園大会中止という事実をしっかりと受け止めて、前向きにやっていこうとみんなで話し合いました。

甲子園へ向けて努力してきたことは無駄になることはないと思うので、代替大会で自分たちの力をみせたいと思います。

僕たち3年生の代は、人数は少なかったのですが最高の仲間です。

最後の大会は悔いの残らないプレーをみせて、監督・コーチ・保護者に精一杯の感謝を伝えたいと思います」

2020年8月号掲載

Pocket

おすすめの記事