横浜   /  【今秋ドラフト候補】木下幹也(投手)/  松本隆之介(投手)/  度会隆輝(二塁手)コラム #横浜

今秋ドラフト候補

木下幹也(投手)


最速152キロの右の剛腕。

重心の低いフォームから威力あるストレートを投げ込む。

球速以上に「重み」が感じられる。

スライダー、ツーシーム、スプリットなど変化球の完成度も高い。

投球術と度胸も兼ね備え、今夏にかけて評価は急上昇。

ドラフト上位指名の可能性も十分だ。

松本隆之介(投手)


188センチの上背から伸びのあるストレートを投げ込む大型左腕。

横浜では1年生からベンチ入り。

2年春には選抜甲子園のマウンドを経験した。

今季はコロナ影響で実戦経験が乏しく、心技体ともに未完成だが、それも魅力の一つ。

そのポテンシャルに、プロ野球スカウトが熱視線を送る。

度会隆輝(二塁手)


元ヤクルトの度会博文を父に持つサラブレッド。

バットコントロールに長ける左の広角バッターで、安打を量産するほか、右方向だけではなく左中間にも本塁打を運ぶ。

守備センスも光る、高校生内野手としてはトップレベルの評価で、今秋のドラフト指名を待つ。

Pocket

おすすめの記事