静岡商・髙田晋松監督

今年の夏は3年生のための大会だと捉え、あくまで3年生のみで戦った。

下級生は経験値が少なく、突出した選手もいない。だからこそ新チームでは守備を1から鍛えている。

その上で攻撃は、バントやエンドランなどの機動力を絡ませながら全員でつないで得点を奪っていきたい。

往年の『静商野球』のスタイルに原点回帰するようなチームだと考えている。

選手は練習すればするほど上手くなっている。

伸びしろが大きく、楽しみなチームだと思う。

【監督プロフィール】
1970年生まれ、静岡県出身。

静岡~筑波大。高校時代は3年夏に甲子園出場。

大学では2年秋に首位打者を獲得する。

三ケ日、伊東、静岡南、焼津水産の監督を経て、2016年4月より静岡商の監督を務める。

Pocket

おすすめの記事