PICK UP!

【津久井浜 野球部】津久井浜流「ホームランを打つ練習」

秋季大会は「安打数は少なかったが、選手たちが個々のアイデアで少ないチャンスを生かし、守りきる野球」で4回戦進出を果たした津久井浜。秋以降、三井監督が取り入れたのが「ホームランを打つ練習」だ。「1人1号」を目標に、専門的な講師も招いて、遠くに飛ばすことに特化した練習を行う。 「ホームランになる角度の打球を打つこと」を意識させる三井監督は、高校生ならではの成長力に期待する。「冬場に徹底的に練習を行えば、春以降のバッティングが大きく変わってくるはず」。考える野球プラス長打力で、チームは秋以上の成績を目指す。 2018年12月号掲載

Pocket

関連記事

  1. 【渋川青翠 野球部】スローガンは「渋川から甲子園」

  2. 【農大二 野球部】大学野球へ、そしてプロへ

  3. 【館林 野球部】伝統の「松林」トレーニング

  4. 【片倉 野球部】昨秋の反省からの“けん制対策練習”

  5. 【桐生第一 野球部】名門が甲子園見学

  6. 【明大中野 野球部】『ROOKIES』の専用グラウンド

  7. 【青藍泰斗 野球部】青藍泰斗の一日

  8. 【調布北 野球部】毎年恒例の長距離ラン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP