PICK UP!

【東海大静岡翔洋 野球部】濃密なウオーミングアップ

東海大静岡翔洋では、1時間弱をウオーミングアップに費やす。 豊富な理論を持つ原監督の下、骨盤の仙骨調整や胸郭の可動域の確保など、入念に行っている。この取り組みを始めてから、故障する選手がほとんどいなくなったとのこと。森球紀主将(2年=内野手)は「故障がないのはもちろん、準備ができた状態でボールを使った練習に入ることができるので、体のキレが違います」と、その効果を実感する。 2018年12月号掲載

Pocket

関連記事

  1. 【獨協 野球部】リアクションボールでのゴロ捕球

  2. 【葛飾野 野球部】木製でのバッティング練習

  3. 【日野 野球部】ロッテ佐々木千隼からの贈り物

  4. 【小山西 野球部】小山高から譲り受けたスコアボード

  5. 【樹徳 野球部】樹徳の野球を確立させたい

  6. 【明大中野 野球部】『ROOKIES』の専用グラウンド

  7. 【日大鶴ヶ丘 野球部】練習着の「檄文」

  8. 【城東 野球部】練習Tシャツ「剋」の一文字

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP