PICK UP!

【東海大静岡翔洋 野球部】濃密なウオーミングアップ

東海大静岡翔洋では、1時間弱をウオーミングアップに費やす。 豊富な理論を持つ原監督の下、骨盤の仙骨調整や胸郭の可動域の確保など、入念に行っている。この取り組みを始めてから、故障する選手がほとんどいなくなったとのこと。森球紀主将(2年=内野手)は「故障がないのはもちろん、準備ができた状態でボールを使った練習に入ることができるので、体のキレが違います」と、その効果を実感する。 2018年12月号掲載

Pocket

関連記事

  1. 【館林 野球部】伝統の「松林」トレーニング

  2. 【湘南学院 野球部】徹底したシンプルな素振り

  3. 【小山 野球部】縁の下の力持ち

  4. 【厚木北 野球部】全員で使用する“ピロティ”部室

  5. 【国士館 野球部】地獄の「115トレーニング」

  6. 【八王子 野球部】計32人の「ありんこ予備軍」

  7. 【御殿場西 野球部】「県外のレベルを知ったことが収穫」

  8. 【前橋南 野球部】冬のフィールドテスト

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP