【桐生第一vs健大高崎】(2023年夏)

桐生第一 サウスポーエース中村が完封
健大高崎 第一シードの大本命、無念の敗退

第1シードの健大高崎と第4シードの桐生第一が、決勝進出をかけてセミファイナルで激突。桐生第一が1対0で勝利し決勝戦へ駒を進めた。

■桐生第一、世紀の番狂わせ

健大高崎の前評判の高さから鑑みれば、世紀の番狂わせと言っても過言ではなかった。健大高崎は昨秋の県大会を制して関東ベスト4で選抜に出場、今春の県大会も制して秋・春の県連覇。さらに関東強豪が集う春季関東大会をも制して関東の頂点に立った。春関東大会では石垣元気、佐藤龍月の1年生投手が台頭し、投打の戦力が揃ったチームは優勝候補の筆頭だった。第1シード健大高崎は準々決勝で関東学園大附に勝利して準決勝へ。甲子園まで“あと2勝”。健大高崎は、加藤達哉が先発してゲームを組み立てていった。桐生第一は3回に犠飛で1点を先行。健大高崎にとって、この1点がゲームを決めるとは想像できなかった。

■無敵艦隊・健大高崎は無念の敗退

桐生第一は、サウスポーエース中村駿汰が先発した。健大高崎は、過去のゲームでも緩急をつけた左腕に苦しんだ傾向がある。桐生第一・中村は、このゲームまでドロップカーブを封印。健大高崎戦ではドロップカーブが効果を発揮した。中村は健大高崎打線に対して粘りのピッチングを披露。巧みなけん制を活かした投球術で、健大高崎に得点を与えない。ゲームは1対0のまま終盤へ。桐生第一が1アウトを奪うごとに球場全体がどよめく中で、健大高崎の焦りが生じた。中村は9回被安打7で健大高崎をシャットアウト。1対0で逃げ切って決勝進出を決めた。春の関東を制して全国制覇を狙った無敵艦隊・健大高崎は無念の準決勝敗退となった。

 

Pocket

おすすめの記事