【伊東商 野球部】「学思罔殆(がくしもうたい)」

伊豆半島唯一の商業高。

地域の応援を力に「躍進」へ

伊豆半島唯一の商業校・伊東商。

就任2年目の大橋孝彦監督のもと“大人の集団”へと変わりつつあるチームは、地域の声援を力に進撃を試みる。

(取材・栗山司)

■ 大人の集団になるために

伊東商は伊豆半島唯一の商業高校だ。

チームを率いるのは就任2年目の大橋孝彦監督。

静岡、筑波大でプレーし、その後、テレビ局勤務を経て指導者の道へ。

強豪の尽誠学園(香川)でコーチを務めた経験も持つ。

日々の練習は環境整備から始まる。

全選手が集合すると、グラウンド内外に散らばり、15分間に渡って周辺の掃除を行う。

大橋監督によると、この活動は様々な意味を持つという。

「グラウンドをきれいにすることはもちろん、仲間とのコミュニケーション作りや変化に気づくことにもつながる」。

毎日の環境整備もあり、「美しい」という表現がピッタリとくるグラウンドに仕上がっている。

環境整備が終了すると、ウォーミングアップに突入。

全員で声と足並みを揃えてアップするチームがほとんどだが、伊東商は各自で行う。

大橋監督は「例えばダッシュが3本必要な選手もいれば、10本必要な選手もいる。

自分に何が足りないかを考えてほしい」と意図を説明。

体の仕組みを知ることにもつながるという。

その後の練習でも、「選手自身で考える」ことがキーワードになってくる。

例えば、この日の後半に組み込まれた走塁練習。

走者をつけ、バッターはマシン相手に打つ。

特徴的なのは守備についている選手が一人もいないこと。

走者は「こうなるだろう」と想定しながら、スタートを切るのか、ストップなのかを判断する。

また、投手には「球数制限」を設け、練習時のブルペンや練習試合の投球数は50球までと決めている。

「50球の中で、いかに効率よく投げるのか。

そこを考えてほしい」と大橋監督。

最近の練習試合では、少しずつだが、同じ50球でも、投げるイニング数が増えてきている。

目指しているのは大人の集団。

全体練習後は、それぞれの課題に向き合い、黙々とレベルアップに励む。

考えることが浸透してきている証だろう。

■ 台風被害のボランティア活動を行う

地域貢献にも積極的に取り組む。

9月8日から9日にかけて伊豆半島を直撃した台風15号。

伊東市では被害が大きく、数日間に渡って停電や断水が続いた。

大橋監督は「こんな状況で野球をやっている場合じゃない」と感じ、すぐに行動に移した。

部員は放課後、同市の老人ホームなどを訪問。

水を運んだり、落ち葉を拾ったり、2日間に渡ってボランティア活動を行った。

大橋監督は「高校生の力は重宝された。

なかには涙を流して『ありがとう』と言ってくれる方もいて。

生徒にとって貴重な体験となった」と話す。

数日後、学校にはお礼の手紙が届いた。

なかには「次は私たちが野球の応援に行きたい」という嬉しい言葉もあった。

そんな励ましに応えようと、来春に向けて、チーム力を上げる。

今秋の東部地区大会は2連敗。

2年生3人、1年生14人と下級生が多いチームだけに経験不足は否めなかった。

それでも、秋の大会後の練習試合では「ミスの質が変わってきた」と大橋監督は手応えをつかむ。

古屋幸輝主将(2年=外野手)が高らかに宣言する。

「来春の目標は県ベスト8です。

一人ひとりが高い意識を持っていきたいです」。

地域の期待を背に、伊東商の進撃がまもなく始まる。

 

【スローガン】学思罔殆(がくしもうたい)

 前チームから「学思罔殆」という論語をチームスローガンとして大切にしている。

古屋主将は「教わったことを、自分たちで考えて行動に移さないと意味ない」と解釈。

全体練習後の自主練習ではスローガン通り、選手各々が自分で考えて課題に取り組む。

 


静岡県立伊東商業高等学校

【学校紹介】
住 所:静岡県伊東市吉田748-1
創 立:1963年
甲子園:なし
伊豆半島唯一の商業高校。

校訓は「開拓」。

商業教育を通して、「有徳のビジネスマン」を育成することに重きを置く。

野球部は2011年秋に県大会出場を果たし、21世紀枠の県推薦校に選ばれた実績を持つ。

OBには竹安大知(現オリックス)がいる。

Pocket

おすすめの記事