法政大高・寺中陸人主将(2年=一塁手・外野手)ドイツ帰りの逆輸入プレーヤー/「名門復活」コラム

力強い打撃でチームを牽引する主将。

中学時代は、親の転勤によってドイツで生活、現地のクラブチームでドイツ人、ロシア人たちと一緒に野球をしていた。

中学3年生で進路を考えていたときに西東京5回戦で法政が早実と対戦したのをネットで見て、法政で野球を続けることを決意。

「強豪チームを倒して甲子園に行きたい」と門を叩いた。

寺中主将は「ドイツの野球とはまったく違うが、高校野球はチームで成長できる喜びがある。

一体となって夏へ向かいたい」と、仲間とともに切磋琢磨する。

ドイツ帰りの主砲が、名門復活の原動力となる。

Pocket

おすすめの記事