岩倉・豊田浩之監督

「一人ひとりが高校野球を背負っている」

「6月に学校、部活が始まったが、コロナ感染防止の意識を忘れてはいけない。

一人ひとりが、高校球児の希望である代替大会開催の責任を背負っている。

選手たちは、高野連登録選手として自律した行動をしなければいけない。

限られた日数、時間での練習になるが、その中で何ができるか。

2020年のスローガンである『令和時代のリーディングチーム』になれるよう創造の精神もって、岩倉の新たな伝統を作ってほしい」

2020年7月号掲載

 

【監督プロフィール】

1973年東京都生まれ。

岩倉-亜細亜大。

大学卒業後、北陸大谷(現小松大谷)で4年間コーチを務めたのち、母校岩倉コーチを経て監督に就任、2010年から部長、2014年秋から再び監督へ。

現役時代は捕手。

Pocket

おすすめの記事