「2020年夏 大会レポート 藤枝明誠」優勝V 秋2連覇 #藤枝明誠

優勝V 秋2連覇

「この勝利は選手たちの自信につながった」 光岡孝監督

「甲子園に行って3年生に恩返ししたい」 小林輝

静岡制覇で東海大会へ 今春逃した「選抜」をつかみ取れ

藤枝明誠が準決勝で加藤学園、決勝で常葉大菊川を下して秋2連覇を決めた。

士気高まるチームは、選抜切符を視野に東海大会へ向かう。

2020年11月号掲載

(取材・栗山司)

■守備と精神面を強化

藤枝明誠が秋の県大会2連覇を達成した。

今夏の代替大会は3年生で戦ったため、メンバーは総入れ替え。

光岡孝監督によると、新チーム結成直後の練習試合では1試合10個近くのミスが出ることがあり、不安からのスタートだったという。

中部大会は準々決勝で敗退。

前チームに比べ、個々の能力が劣っている分、県大会に入るにあたり、まずはエラーをなくそうと守備面を強化した。

また、精神面は「相手に向かっていない」と練習から意識を変え戦う集団を作り上げていった。

川瀬譲二主将(2年=内野手)は「去年はあくまで3年生が獲った優勝。自分たちは挑戦者の気持ちで挑んだ」と振り返る。

ターニングポイントとなった県大会2回戦。

西部地区1位の掛川西と対戦し、勝利をつかむ。

初回、プロ注目の相手左腕・沢山優介から4番の川瀬が左翼ポール直撃の3ラン本塁打を放つ。

7回には1点差まで追い詰められたが、5対4で勝利。

光岡監督は「この試合を勝ち切り、選手たちが自信を持ち始めてくれた」と話す。

■エース・小林が連日の好投

勝てば東海大会出場が決まる準決勝の加藤学園戦。

左腕の小林輝(2年)が初回に先頭打者に出塁を許すも、2番から4番を3者連続三振。

その後、毎回走者を許したものの、小林は「どんな状況でも1つずつアウトを取ることを意識した」と落ち着いた投球を展開した。

ストレートの球速は130キロ台前半も、キレのあるスライダーを武器に13奪三振で1失点完投。試合後は「気持ちで粘って投げることができました。成長につながると思います」と凛々しい表情で語った。

そして、決勝戦では常葉大菊川を圧倒する。

初回に先制すると、3回には長短8安打を畳みかけ一挙8得点の猛攻を見せた。

牽引したのは1番打者の宮城佑弥(2年=内野手)だった。

サイクル安打まであと本塁打だけに迫る4安打2打点の大活躍。

投げては前日に続き、小林が快投を演じる。

8回まで毎回の11奪三振。

9回はライトに周り、ウイニングボールをキャッチした。

■1月24日の悔しさを胸に刻み

県大会の5試合を通し、失策はわずか1つ。

相手に一度もリードを許すことなく優勝を飾った。

まさに藤枝明誠らしい、固い守備としぶとさを持ち味に勝ち上がった。

「新チーム結成の頃はここまで来るとは思っていなかった」という光岡監督。

「小林がしっかりと抑えてくれるので野手がどんどん育っていった」と試合を重ねるごとにチーム力を上げていった。

だが、決してここがゴールではない。

今年1月24日、選抜大会の選考委員会。

藤枝明誠はあと一歩で甲子園出場を逃した。

その悔しさが2年生の胸に刻まれている。

「自分たちが甲子園に行って、支えてくれた3年生に恩返しができればと思っています」(小林)

伸び盛りのチームは東海大会でも進撃を続け、2年越しの夢を叶える。

 

Pocket

おすすめの記事