聖パウロ学園・勝俣秀仁監督

目に見えない部分の大切さ

この数年間で、チームの雰囲気が大きく変わってきました。

グラウンドだけではなく学校生活から行動を見直したことで、選手たちの意識に変化がみえた。

いまは選手たちが目に見えない部分の大切さを理解し、自分たちで改善点を言い合えるようになっています。

オフシーズンは自分たちとの戦い。

ここを乗り越えればチームは成長していくと思います。

【監督プロフィール】

1982年生まれ。

八王子−駒澤大。

駒大卒業後、母校・八王子でOBコーチをしながら日体大で教員免許を取得。

聖パウロで助監督を務めたのち2009年から監督。

Pocket

おすすめの記事