小岩・茶川剛史監督

やるべきことを徹底しよう

現役だった城東時代に甲子園に出場しましたが、今とは時代やプロセスが違います。

時代にあった指導、戦い方で、選手たちの成長を促したいと思っています。

野球は個人技術の競技ではなく、チームスポーツ。

どんなときもチームとして戦うことが大切です。

勝負は、勝敗がつきますが、やりきることが大切だと考えています。

自分たちでやるべきことを考えて、それを徹底できるチームになってほしいと思っています。

【監督プロフィール】

1983年東京都生まれ。

城東―早稲田大(準硬式)―早稲田大学院。

城東時代の2001年夏に主将として甲子園出場。

成蹊高校、江東特別支援学校を経て、鷺宮、淵江で指導。

2020年4月に小岩に着任し野球部監督就任。

2020年夏は2回戦で修徳を破る金星を挙げた。

Pocket

おすすめの記事