日大鶴ヶ丘・萩生田博美監督
投打のバランスは整っている

「今年は投打のバランスが整っていて、守り合いもできるし、撃ち合いもできるチームです。あとは、劣勢のゲームをひっくり返す勝負強さがほしい。そこは開幕までの練習で培っていくしかない。夏は一戦一戦で成長していくことが大切、選手たちの底力に期待しています」

【監督プロフィール】1973年生まれ。日大山形−日大。日大山形では甲子園を経験。日大学生時代に日大で一年間コーチをしたのち、学生時代に日大鶴ヶ丘監督に就任。2008、2014年にチームを甲子園へ導いた。

Pocket

おすすめの記事