常磐・金子繁監督
前向きな取り組みがすべて

 「コロナ禍で練習が制限されている中でも選手たちは前向きに全力で取り組んでくれています。前向きな取り組みが、目標達成の大きな力になります。私自身も定年によって公立での役割を終え、私立の常磐で再び甲子園を目指せることにやりがいを感じています。太田に新しい風を吹かせたいと考えています」

【監督プロフィール】1957年群馬県生まれ。館林高−国学院大。小学校、中学校教員を経て高校教員へ。太田市商−太田工。太田市商時代の平成8年(1996年)に選抜出場、定年後の2017年に常磐に着任し、2017年秋から監督。国語教諭。

Pocket

おすすめの記事