清流館・小泉将志監督
本気で野球を楽しむ

「夏の大会では、1戦1戦、選手たちが自信をつけた。高校生の凄さを感じた。モットーは、本気で野球を楽しむこと。本気で野球を楽しむためには、本気で取り組まないとたどり着くことができない。新チームは10人でスタートした。少ない人数だが、それを言い訳にしてほしくはない。少ない人数でもやれることを証明したい。そのために地道に勝てるチームを作っていきたいと考えている」

【監督プロフィール】1995年静岡県生まれ。静岡市立-静岡大。高校時代は二塁手として活躍し、2年夏に県ベスト8進出。3年時は主将。大学では2年秋にベストナイン(外野手)を獲得した。2018年秋から清流館の監督を務める。

Pocket

おすすめの記事