PICK UP!

【日大鶴ヶ丘 野球部】夏に向けて戦力充実

夏に向けて戦力は整ってきた。投手陣は、左腕・松田が最速141キロをマークするなどエースの風格が漂ってきた。夏大会前の練習試合では、全国強豪を力でねじ伏せるなど圧巻の投球を披露、夏に照準を合わせる。また投打の「二刀流」清野佑馬(3年=投手・内野手)の存在も心強い。打線は、中島主将、清野、田倉宏之助(3年=外野手)のクリーンアップを軸に、出口健(3年=外野手)、谷口慧悟(3年=外野手)らどこからでも長打が出る選手が揃った。秋・春に屈辱を味わったチームは、最後の夏に狙いを定めてラストスパートに入る。萩生田監督は「去年夏の準優勝によって、甲子園が目の前にあると思っているとしたらそれは大きな間違い。甲子園は目の前じゃない。いきなり頂上(決勝戦)ではないので、ノーシードから一歩一歩登っていく必要がある」と、頂点へのルートを確認する。甲子園という“山”は一人で登ることはできない。部員たちが「自己犠牲心」「忠誠心」を体現した先にだけ、甲子園がある。 2019年7月号掲載

Pocket

関連記事

  1. 【国士館 野球部】地獄の「115トレーニング」

  2. 【小山 野球部】縁の下の力持ち

  3. 【前橋商 野球部】前橋商の新グラウンド完成

  4. 【東大和 野球部】コンマ1秒単位の盗塁練習

  5. 【慶應義塾 野球部】主務・福田和輝(3年)副務・橋口光輔(2年)

  6. 【館林商工 野球部】9分割スイング

  7. 【豊多摩 野球部】仲間の考えを知る『質問ミーティング』

  8. 【湘南台 野球部】湘南台式トレーニング

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP