PICK UP!

【佐野東 野球部】秋大会で培った「絆」

佐野東は8人プラス助っ人で戦ったことで多くを学んだ。それは16強という結果以上に、大切なことなのかもしれない。チームは、誰か一人欠けたら戦うことができない。また、一人が複数のポジションをこなさなければスクランブルに対応できない。それが選手たちに自覚を与えた。限られた人数のため、普段の練習では実戦練習ができない。だからこそ1試合1試合の練習試合の大切さが理解できた。守備の要・堀越渓太(2年=内野手)は「個人練習でも実戦を想定して練習するようになりました。人数は少ないですが、それをプラスに考えて練習に取り組んでいます」と話す。2018年1月掲載

 

 

 

Pocket

関連記事

  1. 【成蹊 野球部】班組織でリーダーシップ養成

  2. 【光明相模原 野球部】心と体が覚える動作

  3. 【横浜創学館 野球部】毎日5キロのウォーミングアップ

  4. 【城北 野球部】城北・徳永博史監督「どれだけ自分に厳しくできるか」

  5. 【静岡東 野球部】野球ノート

  6. 【八王子 野球部】計32人の「ありんこ予備軍」

  7. 【豊南 野球部】監督の意図を理解する陰の“参謀”

  8. 【国士館 野球部】地獄の「115トレーニング」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP