【前橋育英】「王座奪還へ」

準決勝で健大高崎に惜敗しベスト4
底力健在、多彩な投手陣に手応え

健大高崎と対戦した。最終回に執念をみせたが4対5で惜敗しベスト4で大会を終えた。

■準々決勝では前橋商に逆転勝利  

今年の前橋育英は、小田島泰成主将、石川太陽らの打者と、投手の継投で勝負するチーム。投手陣は、信澤快都、岩﨑鈴音、高橋平、そして打者としてもセンスをみせる左腕・黒岩大翔が揃っている。ドラフト候補など突き抜けた選手はいないが、個性あふれる選手が揃う。春大会では太田、桐生に勝利して勝ち上がると準々決勝では前橋商と対戦した。3対6と劣勢で迎えた8回裏にチャンスをつかむと松本笙汰の勝ち越し2点適時打で8対6と逆転に成功。執念の攻撃で競り勝って準決勝へ駒を進めた。

■土壇場で植杉が同点2ラン  

準決勝・健大高崎戦でも最終回に意地をみせた。健大高崎エース小玉湧斗に対して8回まで得点できずに0対4で最終回へ。岩﨑のタイムリーで2点を返して1死1塁の場面で、植杉幸汰がバックスクリーンへ2ランを放って土壇場で同点に追いついてみせた。前橋育英の真骨頂でもある逆転劇をみせたが、そのあとが耐えられなかった。健大高崎の“足”を止めることができずに最後は守備のミスから決勝点を許してサヨナラ負けとなった。ベスト4という結果になったが、代打の活躍や2年生左腕・黒岩の好投など収穫はあった。昨夏に連覇が止まった前橋育英は、優勝旗を取り戻すために“灼熱の夏”へ向かう。

Pocket

おすすめの記事