浜松工・杉山正美監督

「来年こそ甲子園へ」

「夏の大会は選手たちが良くやってくれた。

春に結果が出たことで、個々の意識が高まり、それが夏につながったと感じている。

一方で、もっとできたのではないか、甲子園に行けたのではないかという悔しさもある。

秋は地区大会敗退という結果に終わってしまったが、能力的には前チームよりも上回り、レギュラー争いの競争も激しくなっている。

来年こそ甲子園に駆け登るため、切磋琢磨してチーム力を高めていきたい」

 

 

【監督プロフィール】

1960年生まれ、静岡県出身。

浜松日体-日本体育大。

気賀、浜名、浜松城北工、浜松商で監督を歴任。

浜名監督時代には東海大会2度出場。

2014年から浜松工の監督を務め、今夏はチームを県ベスト4に導く。

Pocket

おすすめの記事