PICK UP!

【青藍泰斗 野球部】新キャプテンは「記録員」

青藍泰斗は今春の関東大会後に、キャプテンを落合孝稀(3年)に変更した。落合はマネージャーをしながら記録員を務める“裏方”。チームの一体感を求める宇賀神修監督が抜擢した形となった。落合新主将は「突然だったので最初は驚いたが、チームのためにやるしかない。監督と選手の橋渡し役になって、夏へ向かいたい」と話す。新主将の献身性が、チームを変える。 2018年7月号掲載

Pocket

関連記事

  1. 【立正大立正 野球部】元広島・栗田聡さんがトレーニングを指導

  2. 【伊勢崎清明 野球部】主将決定の流儀は、「文武両道」

  3. 【市立沼津 野球部】加圧トレーニングでパワーアップ!

  4. 【文星芸大附 野球部】地獄の打撃練習

  5. 【桜美林 野球部】伝統の桜グラウンド

  6. 【東海大菅生 野球部】「この経験を発奮材料にするしかない」

  7. 【関東一 野球部】スイングスピード、遠投…冬の能力測定

  8. 【栃木商 野球部】冬は己との闘い

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP