PICK UP!

【青藍泰斗 野球部】新キャプテンは「記録員」

青藍泰斗は今春の関東大会後に、キャプテンを落合孝稀(3年)に変更した。落合はマネージャーをしながら記録員を務める“裏方”。チームの一体感を求める宇賀神修監督が抜擢した形となった。落合新主将は「突然だったので最初は驚いたが、チームのためにやるしかない。監督と選手の橋渡し役になって、夏へ向かいたい」と話す。新主将の献身性が、チームを変える。 2018年7月号掲載

Pocket

関連記事

  1. 【東海大菅生 野球部】「この経験を発奮材料にするしかない」

  2. 【高崎東 野球部】『言葉』『考え』『時間』を共有

  3. 【国士館 野球部】「一戦必勝、初戦に全力を尽くす」

  4. 【今市工 野球部】自分たちで限界を決めない

  5. 【館林商工 野球部】9分割スイング

  6. 【慶應義塾 野球部】主務・福田和輝(3年)副務・橋口光輔(2年)

  7. 【法政二 野球部】チーム支える男子マネージャー

  8. 【前橋南 野球部】冬のフィールドテスト

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP